クリエイターパソコンと通常のパソコンの違いとは?

トップページ
お気に入りに追加
  

クリエイターパソコンと通常のパソコンの違いとは?

クリエイターパソコンとは、主に画像処理や動画の編集などを快適にできるようにしたパソコンであり、高性能で大容量メモリを持っているのが通常のパソコンと違う点です。

グラフィック性能が高ければ高いほど、細かい画像処理、動画編集ができます。

 

よって、スマホアプリの開発に携わっていたり、より細かい点までアーティストのように描き込みたいという方、ゲーム制作をする方向けのパソコンとなります。

大容量メモリを搭載しているところは、パソコンでゲームを楽しみたいという場合に使うものと大差がありません。

 

差が出てくるのはスペックではなく、使うキーボードやマウスになってきます。

ゲーム用なら操作がしやすいように改良されたものがありますが、クリエイター用ではその必要はあまりなく、どちらかと言えば絵を描く場合に必要となる滑らかなペン先であったり、筆圧を感知するセンサーの性能の方を重視すべきです。

 

もし絵を重点的に描くクリエイターであれば、それに特化したパソコンを一つ買っておくと重宝するでしょう。

色々な会社から出ていますが、これはもし新しく買うのであれば店頭に行って描き心地と使いやすさを確かめてみてからにしてみましょう。

 

店頭で買うと値段が張るというのであれば、それと同じパソコンをネットで探しより安い値段で取引している通販サイトを見つけるのがお得です。

詳細はネットに聞くより、個人に合わせたパソコン選びができる店頭スタッフに聞いてみることをおすすめします。